美容整形で人気が高いボトックス【腕が良く技術力が高いドクター】

理解しておくと安心

看護師

役に立つ知識

手間が掛からずに小顔を実現できることで評判のボトックスですが、どうして簡単に効果を得ることが出来るのでしょうか。身体のラインをきれいに修正する際に、矯正するパーツには骨と脂肪、それから筋肉の3つがありますが、ボトックスはそのうちの筋肉の矯正に利用される施術です。その仕組みは薬を注射することにより、筋肉を痩せさせていくという方法です。その際に使用される薬剤はボツリヌストキシンと言ってボツリヌス菌という細菌由来のもので、脳からの指示信号が筋肉等に伝わることを抑制する作用を持っています。脳からの指示が受け取れなくなった筋肉は動きを止めて弛緩します。足の骨などを折って暫く固定してしまうと、筋肉が驚くほど痩せてしまうように、ボツリヌストキシンの作用で弛緩した筋肉も数週間かけて痩せていきます。ボトックスは、このようなボツリヌストキシンの効果を利用して、張り出したエラを縮めて小顔を作ったり、ふくらはぎのラインを矯正したりしているわけです。このボツリヌストキシンは、元来、医療の分野で、眼瞼痙攣や顔面痙攣等の治療に使われる、筋肉の収縮を抑える治療薬です。現在は、更に脳卒中後の手足のこわばりの治療等にも広く使われている、とても安心して使用できる薬剤です。ボトックス施術には4種類のボツリヌス製剤が良く使用されます。日本の厚生労働省の認可を受けている実績が豊富で信頼性の高いものや、不純物の量を抑えて効果の持続性を上げたもの、また、手頃な価格のもの等、それぞれ特徴があるので、よく調べて、自分で納得できるものを利用していくとよいでしょう。エラが張って厳ついた顔の表情で悩んでいる方の中には、これを矯正するためにはエラの骨削りしかないと信じてしまっている方も多いようです。張り出したエラを削れば、顔のラインがすっきりとして、一気に表情が穏やかなものになります。そのことは十分に分かってはいるのですが、それでもなかなか骨削りには踏み出せず、クリニックに行くこともなく悩み続けている方もよくいらっしゃいます。しかし、それは本当に骨のせいなのでしょうか。エラの部分に手を当てて奥歯を噛み締めると、考えてもいないほど、筋肉が膨らむことを確認することが出来ます。その筋肉は咬筋と言って3層になっているすごく厚い筋肉なのです。ボトックスで咬筋を痩せさせるだけで、長く悩んでいたエラの張りが一気に改善してしまった方もたくさんいます。エラの骨削りをするかしないかで悩み続けていないで、ぜひ、エラのボトックス施術を受けられることをお勧めします。ボトックスは小顔矯正だけではなく、ふくらはぎのヒラメ筋のように、身体の様々な筋肉の部分痩せにもよく使われています。また、ボツリヌストキシン製剤が筋肉の動きを止めることから、顔の表情ジワを抑える効果もあります。しかも、ボツリヌストキシンは、脳からの信号が筋肉に伝わるのを抑制するだけではなく、汗腺に伝わることも止めてしまいます。この効果を利用して多汗症や腋臭の治療にもよく使われます。このように、身体の様々な悩みを、注射をするだけの簡単な施術で解決してしまう夢のようなボトックスですが、その費用も通常5万円位から利用することが出来るので、是非一度クリニックで相談してみてください。

Back to Top